妊娠中に胸やお腹がかゆい原因は?体がかゆくて眠れない時の対処法

妊娠中といえば、つわりが不快症状の1つとして代表的なものです。

 

それ以外にも体質や体調の変化によって様々なマイナートラブルがあります。

 

その中でも厄介なのが「体の痒み」です。

 

 

 

妊娠中は胸やお腹がかゆい

 

なぜこんなに痒いの!?


 

少しの痒みならあまり気にせずに済みますが、あまりにかゆい時は眠れないだけでなく赤い斑点やブツブツまでできてしまうと不安になりますよね。

 

この記事では

  • 妊娠中にかゆみが出る原因
  • かゆみの対処法
  • 病院に行く場合

について紹介していきます。

 

 

妊娠中に胸や体がかゆくなるのは何が原因?

妊娠中 胸 かゆい

 

ホルモンバランスの変化

女性ホルモンのバランスが大きく変動する影響で、全身がかゆくなってしまうのが1番の原因です。

 

また、それにより皮膚がいつもよりも過敏な状態になっているため少しの接触でも気になってしまうのです。

 

皮膚が伸びるため

お腹の中の赤ちゃんが成長していくにつれ、お腹や胸は大きくなりその分皮膚が伸びていきます。

 

急激に皮膚が伸びることが刺激になりかゆみを感じてしまうのです。

 

乾燥しているため

肌が乾燥すると皮膚を守っている皮脂の脂分が減り、潤いが減ってしまいます。

 

そうすると肌のバリア機能が弱まってしまうので紫外線や外気、直接何かが触れるといったことで、かゆみを感じやすくなります。

 

 

さらに妊娠中の胸がかゆい!だけだと軽く考えていると実は怖い病気だったということも考えられるので憶えておいて損はないですね。

 

この症状は、主に妊娠後期にかけておこる症状です。

 

妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)
こちらは特に妊娠初期に現れやすい症状で、比較的これになる人が多いようです。

 

お腹や胸、手足などに強いかゆみを伴います。出産することでかゆみも自然とおさまることが多いですが、2回目以降の妊娠でも再発するケースが多いです。

 

アトピー性皮膚炎の人は特になりやすいので注意が必要です。
参照元: https://medicalnote.jp/

 

 

かゆくて眠れない!そんな時の4つの対処法

妊娠中かゆい

 

保湿をする

感想が原因で、かゆみを促進させてしまっているかもしれません。

 

なので、しっかり保湿することが大切です。体用のローションやワセリン系の保湿剤を塗るようにすると良いでしょう。

 

特に胸やお腹は皮膚が伸びることでかゆみを伴っていることもあるので、皮膚を柔らかくしてあげるようなイメージでたっぷり塗るのが効果的です。

 

マタニティ用ののボディクリームやジェルは妊娠線予防にもなって一石二鳥ですよ。

 

妊娠線はお腹まわりにできるイメージですが、人によっては胸にもできてしまうんです!なので胸にもしっかりと塗るのがポイントです。

 

下着や服がチクチクしないものを選ぶ

下着や寝る時の服の素材が化学繊維でできたものはチクチクと感じやすいようです。

 

寝る時の服は綿や柔らかい素材のものがおすすめです。

 

新しく下着や服を買うときは、タグや縫い目が体に当たってしまわないか?も確認してから購入するようにすると良いですよ。

 

かゆいところを冷やす

皮膚は汗をかいたり、あたたかいものにあたりすぎたりすることでもかゆみがでます。

 

お風呂ではなるべくあつすぎる湯船につからないほうが良いかもしれません。

 

寝る時にかゆくて眠れないときは、保冷剤にガーゼを巻いたものでかゆい部分を少し冷やしたり冷えピタシートを貼るとおさまりやすくなります。

 

体をゴシゴシ洗わない、かきむしらない

これは注意点のようになってしまいますが、かゆいところを掻きむしると、さらにかゆくなってくるのでできれば掻きむしらないことです。

 

あまりかきむしるとブツブツや赤みが悪化したりその部分が色素沈着をおこしてしまうことも。

 

また、お風呂の際に体をゴシゴシ洗いすぎないようにも気をつけましょう。

 

 

ひどければ早めに病院で診てもらう

ホスピタル

 

妊娠中に体がかゆくなる理由については諸説ありますが、はっきりとした原因はまだあまり明らかになっていないそうです。

 

あまりにもかゆみがひどかったり発疹があるようであれば自己判断はせずに、病院で診てもらった方が良いでしょう。

 

その場合、産婦人科でも構いませんが皮膚科の方が適切な対処をしてくれる可能性が高いです。

 

妊娠中はあまり薬を使うことができないので医師によって処方も様々ですが、悪影響のないかゆみ止めとなる保湿剤が処方されることが多いようです。

 

皮膚科を受診する際には妊娠週数も医師に伝えた方が良いでしょう。

 

 

気にしないことも大切

妊娠中に突然おこるかゆみは、ほとんどが一時的なものなので気にしすぎない方が懸命かもしれません。

 

かきすぎて傷になってしまったり、色素沈着してしまうことで産後も悩まされてしまうのは嫌ですよね。

 

完治するというよりも不快感を少しでも取り除くことが肝心です。かゆみを誘発させることは極力取り除いて、違うことに意識が向くようにできれば良いですね。

 

この記事を読んでいる方はこちらも注目しています。
⇒寝ている間に育乳・形を整える話題のルーナナイトブラ